HOMEへ
目次
1:北の海と東の海…どっちがいい??
2:@カンクン一番のお奨めホテルは!
3:良くある失敗談…店長の体験から
4:賢いホテル滞在について
5:@カンクンご家族向け推奨ホテルは!
6:もう一つのお奨め、トゥルム
2017年5月30日まで! 特別キャンペーン実施中

■お奨めNO.1「ハイアット・ジラーラ」ご滞在キャンペーン実施中!!
更に、今弊社からご予約いただくと、VIP専門予約サービスが特典として受けられます!

メリハリをつけてメキシコを楽しむなら セントロに滞在しよう!
■ダウンタウンの推奨ホテルを3件ご紹介!!(最安値リンクあり)

誰にも邪魔されない、何もない自然の魅力に溢れたトゥルムの魅力
■魅惑トゥルムの隠れ家的なリゾート「ANA Y JOSE」推奨開始!(最安値リンクあり)



2017年度最新版】

@cancun流賢いホテルの選び方&お奨めホテル

カンクンをインターネットで検索する際、一番多い検索キーワードは何かご存知ですか?このページのタイトルから既に予想済みかとは思いますが、そう「カンクン ホテル」なんですね。

自分の泊まるホテルがどんなところか、サービスはどうだろうか…部屋の感じは、窓からの景色は…はたまたビーチは?と思いはどんどんホテルへと傾いていきます。

ちょっと調べれば自分の泊まるホテルの情報くらいはネットでわかるのですが、ホテルの宣伝のページはどこもすばらしい景色の部屋からの写真と、プロが作成した完璧なパンフレットばかりですから、滞在したことのある人たちからの生の本音の声が知りたい…そう思うものですよね。

という訳で、カンクンリピーターであった店長が、思い入れのあるカンクンホテルゾーン情報の蓄積の中から最高だ!と思えるお薦めホテルをご紹介したいと思います。


■1: 北側の海と東側の海…どっちがいい??

5スターのホテルにすれば、どこでも間違いはないだろう…と考えてしまう方が多いようです。なので、よくどのホテルが店長一番お奨めですか?という質問を受けます。ですが、ホテルとしてのすばらしさは、高級ホテルであれば、基本的にはどこも互角のすばらしいホテルですから、はっきりさせなくてはいけないのは、あなたがカンクンの滞在に一番何を求めているか?にあります。

と言いますのは、カンクンのノースビーチとイーストサイドビーチでは根本的に求めるものと与えられるものが全く違うからなのです。

カンクンというのはノースとイーストのビーチに分かれています。ノースサイドは潮流の関係で波も穏やかでウォータースポーツなどのアクティビティを重視される方にはすばらしい場所ですが、海の色はイーストサイドのそれと比べるとどうしても見劣りしてしまいます。

イーストサイドは、カリブ海に直接面している為に波は高くマリンアクティビティーには全く向きませんが、ビーチがすばらしく波打ち際でのんびりとカクテルを飲みながら読書の時間を過ごす…という方に最適です。

さしずめあなたはどちら派でしょうか?

店長ならどうなの??という所から答えていきましょう。

北か東どちらがいい?と聞かれれば、とりあえず東
と答えています。なぜか?それは、まず、基本的にウォーターアクティビティーはどこでも出来ますが、ビーチや部屋からの景色はどこでもというわけには行かないということがあります。

どちらも全室オーシャンビューですが、その肝心の部屋からの景色にはかなり大きな差があります。これはノースビーチとイーストサイドのビーチを見比べてみれば分かることですが、色が全く違うのです。パンフレットで見る海の色はどちらも同じく澄んだカリビアンブルーに輝いて見えますが、
実際は結構違います


典型的なノースビーチの海 とても綺麗なイーストサイドの海
これはヤラセ写真でも画像をわざと加工したわけでもありません(笑)普通に手持ちのデジカメで撮影したものです。こちらの写真で、実際ノースビーチのホテルに滞在されたお客様から、店長が言っていたより綺麗だったぞ!というお叱りのご報告も受けた事がありますので、これがいつもこんな状態だとは書きませんが、一点強調させて頂きたいのは、ノースのビーチが綺麗に輝く日は、東側のビーチはもっともっと綺麗だという事です。これ、ノースに滞在されて、お、今日は綺麗だぞ!と思ったら、東側のドルフィンビーチなどに出掛けて見てください。実際、お客様をご案内したこともありますが、100%のお客様の反応が、いや…これがカリブ海なのか…とため息混じりに感嘆の言葉を漏らすという事実が全てを物語っています。

ホテルのランクというのは全体的な施設、サービス、部屋のグレードなどで総合的に決められるのですが、ここには当たり前ですが景観というものは含まれておりません。如何にお客様に心地よく滞在してもらえるのか…という観点での人的なサービスという事であれば、景観は関係がないからです。そういう意味では、最高級のホテルはそのまま最高です。間違いなくすばらしいホテルなのですが、もし、同じランクで海が違うのであれば、当たり前ですがやはり綺麗なビーチの方を選んでしまいますよね。そういう訳で、ホテル自体には甲乙を付けられませんが、ビーチ環境という点でどちらにするかといわわれば東側という事になるわけです。

でも、買い物などに便利な立地であれば北側が便利…

そうです買い物…これは日本人の旅行者にとっては非常に重要な要素です。なので、まず、私が
ホテルを選ぶ場合、ダウンタウンまでバスで20分以内という条件をつけています。これ以上掛かると正直辛いのです。時にはダウンタウンの下町的な雰囲気の中で、屋台のタコスを食べたり、流しの物売りをひやかしたりしたいものです。カンクンというのはリゾートですが、陽気で素朴なダウンタウンの街も別の魅力を持っています。だから、是非皆さんにも、ダウンタウンには遊びに行ってもらいたいですし、私は必ず出掛けます。そんな時、バスに乗って片道に40分も50分も掛かるのでは出掛ける前に気持ちが萎えてきてしまいます。

行きたいと思ったら気軽に出かけられる時間が20分なのです。

なので、いくらビーチが綺麗な東側でも、バスでダウンタウンから20分以上離れているホテルは立地的に不便という事になってしまいます。感覚的には
ククルカンプラザより下にあるホテルは遠いと感じます。

買い物という事であればやはり北側、特にコンベンションセンターにあるホテルFACBやNHクリスタル、ハイアットリージェンシーが便利です。これらのホテルからであれば歩いて直ぐに出掛けられる場所に、プラザカラコルやフォーラムバイザシーといったモールが林立していますが、東側でも、更にククルカンプラザより下のホテルの場合、モールまでは歩くと結構ありますし、更にラ・イスラにはバスで行かないと辛い程ですから、こういう点では実に不便と言わざるを得ませんので、この点でもちょっと躊躇してしまうのです。

さて、では店長、どのホテルがお奨めなのか?どこがいいと言うのだ?という質問にお答えしましょう。



■2:2017年度版 店長吉田推奨ホテルを公開!

4万室を誇るカンクンのホテルゾーンの中で、ここがいいぞ!と強くオススメ出来るホテルを紹介することは、実はそんなに簡単な事ではありません。店長、これまで自身の経験からいくつかのホテルを推薦させてきていただきましたが、それは推薦でしかないが為、ある意味無責任な内容である…と取られる事が多々ございました。その為、弊社も旅行会社の一つとして、ならば、責任を持ってオススメするホテルを推薦し、予約の取次ぎも行う事で、カンクンにいらっしゃるお客様にも安心してご利用をいただける情報を提供しよう…という事で、こちらオススメのホテルは店長、ひいてはウォータースポーツカンクンのオフィシャル推奨となります。

立地/価格/ビーチ/ホスピタリティー/お部屋/サービス…全てにおいて、店長がオススメ出来るホテルを厳選した結果、第一位に上がったホテルが、このホテルです!

2017年度@カンクン推奨ホテルは8年連続で


「HYATT ZILARA CANCUN(旧The Royal In Cancun)」


2017年度@カンクンご家族向け推奨ホテルこちらからどうぞ!

2017年度@カンクン、エリア外としてトゥルム推奨ホテルはコチラ!!


弊社ではオフィシャル推奨という責任上、いい加減なホテルとは提携をしません…これが店長のこだわりでもあるのですが、そんなこだわりに久しくマッチしたホテル、ザ・ロイヤルとだけ契約をしました。それだけ店長も強くオススメ出来るホテルという事です。マジメにすばらしいホテルですが、どう素晴らしいか…これから少しずつご紹介しましょう!


↑2017年度のお奨めホテルは「Hyatt Zilara Cancun」です!↑


ん?聞いたことないなぁ…と思われる方も多いかもしれません。というのも、こちらのホテルは
2007年度にオープンした新しいホテルだからです。最近カンクンでは高級路線が前面に出てきています。それもホテル内での飲食等が全て込みであるオールインクルーシブスタイルが高級ホテルの主流になりつつあります。その為、様々な高級ホテルがこのカンクンに建設されているわけですが、どうしようも出来ない事…それが立地なのです。

ご存知のように一番いい立地条件の場所は既に老舗ホテルが握っていますので、新しく好条件の場所に現在の主流となっている高級ホテルを…と思っても、そこには古いホテルが昔のコンセプトの元にリノベーションを繰り返しながら佇んでいるばかり…。ここにこそ…と思っても実現する事が出来ない為、結果的に南に下るリビエラ・マヤ・ラインという不便な場所にこうしたオールインクルーシブの高級ホテルが建てられる…という事が続いてまいりました。

でも…それらの場所のビーチは決して綺麗ではありません。
カンクンのホテルゾーンこそが素晴らしく青く美しく…心を奪われるビーチであり、だからこそ、1964年に政府がこの場所にリゾート構想を打ち立てたのです。そして、一番好条件で綺麗な場所に…ホテルが建てられました。その一つが今回The Royalが建設された場所に当たります。

美しい海とビーチ。どの場所にも出掛けやすい好立地。そして、すばらしいホスピタリティー。5年前の被災の結果、ホテルの勢力図も代わり、また既存のホテルもどうせ建設しなおすなら…という事で、積極的な戦略が打ち立てられました。その結果、元々老舗ホテルであるグラン・カリベ・リアルの敷地の一部を取り壊し、今回この系列会社が高級路線を前面に打ち出したホテルを建設し、店長も待ち焦がれていた
夢の場所に夢のホテルが実現したのです(^^)

正直、店長この場所にこれだけのホテルが建設されるとは思ってもいなかったので、かなり衝撃的でしたが、その内容は更に私を驚かさずにはいませんでした。オールインクルーシブですので、当然ですが中途半端な内容では店長も納得はしません。レストランでの食事が込みというだけではなく、ルームサービスなども当然込みでなくてはいけません。それだけではなく部屋にはジャグジーは「絶対に必要」です。出来れば、海を眺めながらのんびりと浸かりたい。

@カンクン流ホテルの条件にもバッチリはまり、その期待以上の部屋とホスピタリティー。オールインクルーシブも中途半端ではないので、まずはこのホテルに滞在すればほとんど何も不便なく、懐具合も気にする事はありません。

何がインクルードなのか…その内容をご紹介いたします

★ハイアット・ジラーラ/オールインクルーシブ−全カテゴリー−★

●チェックインの際のウェルカム・カクテル
(こちらは、カードがありまして、ターンダウンの際に用意してくれます)
●オーシャンビュー・ツイン・シャワー
●フィットネスセンター利用
●アラカルトメニューでの朝食/昼食/夕食(ショーディナー、インターナショナルバフェ、施設内のShef's Plateを除く全てのレストランが対象です)
●カクテル、洋酒、ビール、ワイン(ビンテージは別料金)、スパークリングワイン等、全てグラスサーブ。
●24時間 VIPラウンジでのカクテル、軽食、ゲームテーブル
 (ビリヤード、ピンポンなど)
●24時間 ルームサービス
●お部屋のミニバーの無制限利用
●ソムリエによるテキーラ/ワインテイスティング教室
●テニスコート(ラケット等器材レンタル付き/ご希望の方プロレッスン有(有料)
●ライブラリー、ゲームルームのご利用
●毎日様々な参加型のエンターテイメントが催行されます。
●ビーチでのシェード付きカバーニャ、ビーチベッド利用
●日焼け止めクリーム等、ビーチサイドでのバトラーサービス
●ターンダウンサービス
●カクテルパーティー
●チップ

●リビエラカンクンゴルフクラブでのプレイフィー$95USD(ゴルフカート/クラブレンタルは有料)

★ジラーラ・ジュニアスイート・オーシャンビュー以上のカテゴリーは、更に…★

●ロイヤルサービスのお客様は、お部屋からのインターネットアクセス
●ロイヤルサービスのお客様は、3種類からの枕を指定出来るサービス
●スイートの中でもより景色の良いお部屋にご滞在
●ウェルカム・アメニティー付き
●室内のミニバーのアップグレード
●お部屋にはバスローブ&スリッパ完備
●音響設備はBOSE、i−Podもご用意

★ジラーラ・ジュニアスイート・オーシャンフロント以上のカテゴリーには更に…★
●チェックインの48時間前にご自身のPCよりインターネットでオンラインチェックインが出来ます(こちらは専用Webページより、画面で各お部屋からの景色などを確認しながらお好きなお部屋にチェックインが出来るという画期的なサービスです!チェックインした後、えーこんな筈では…ということはありません)
●Shef's Plateでのお食事ご予約権利(通常$94US/予約に空きがない場合もあります)

★更に、ジラーラ・オーシャンフロントデラックス以上のグレードになりますと。。。★

●ミニクーパー 1時間体験試乗運転(保険代は別)
●室内にスチームサウナ付き

★最上級グレードのスイムアップマスタースイートとプレジデンシャルには。。。★

●国内&国際電話無制限フリーコール
●お部屋にウェルカム・シャンパンボトルをご用意

といった具合ですが、その他にもお部屋のグレードで、スイムアップの専用プールとか、使いこなすだけで大変だ…と考える前に、とりあえずやりたいとかこんなのは込みなのかな…あると便利だな…と思いつくものはほとんど含まれていますから、そういう意味でのストレスはフリーという事になります。

どうですか?興味が出てきましたでしょうか?

では、肝心のお部屋のご紹介の前に、具体的なこのホテルの全容を店長吉田がレポートします!

【店長吉田の滞在体験記】NEW!10/22/2007

この素晴らしいビーチリゾートの一日を店長吉田がレポートします。

何度滞在しても素晴らしいこのビーチリゾート。。。さぁ、皆様もこの扉の向こうの世界をのぞき込んで下さい。もう、他のホテルには泊れませんよ(^^)

サービス、ホスピタリティー、利便性、そして、コストパフォーマンス…全てをとって店長吉田が最高の評価を与えるロイヤルカンクン。。。あまりの人気に予約を取る事が最近難しくなっているその理由を余すところなくご紹介いたします(^^)


店長吉田の自腹ジラーラ滞在レポートはこちら



一番のお薦め【スイムアップ・マスタースイート】

とにかく、一番のお薦めはこのホテルに
17部屋のみ存在するロイヤル・スイムアップ・マスタースイートです。

何と言っても、特筆すべきは、このスイムアップ専用プールです。当然ですが、他のゲストはこちらのプールの利用は出来ません。285室と少なめの部屋(この少なさものんびり滞在するには重要です)にあって、この待遇は最高ですよね。そして、このプールからビーチや、プールへダイレクトに出ることも可能ですので、とても便利です。

スイムアップ専用水上チェアに座ると目の前に広がるのはカリブ海の真っ青なパノラマビュー。この至福の一時は、特にハネムーンのお客様には絶対の自信ありです(^^)

そして、お部屋は当然ですが、オーシャンフロント。総床面積79平米の広い室内には、180度に美しいカリブ海を眺める事が出来る室内ダブルサイズジャグジーがしつらえられ、更に、夜には快適な睡眠を約束してくれる、ご自身にあわせた枕(そうマクラです)まで選択する事が出来ます。アロマテラピーの指定も3種類からOK。

このお部屋…お値段はと言いますと、
一泊お二人様$1020〜$1180USとなっています(現在キャンペーン中!詳細はコチラ

こちらの金額で滞在中に必要なものは、ツアーやアクティビティーにかかる金額くらいです。おいしい食事、メキシカンショーや、テストドライブ、飲み放題のドリンクと、ルームサービスも使い放題。ジャグジーに浸かりながら、シャンパングラスを傾ければ、自分が楽園の王様になった気持ちを味わう事が出来るでしょう。

32型の大型LCDテレビと、DVD/CDプレイヤーがついていますので、お好きな映画を鑑賞するのもいいですし、好きな曲をかけて、のんびりと好きな本に目を通すのもマル。更にこちらの部屋にはi−Podもご用意していますので、これもまた便利な方には便利ですよね。

専属のコンシェルジュが付きますので、何か必要な事があれば電話一本で全ての手配が済みますし、スイムアッププールでのんびりしながら、プールサイドからルームサービスを頼むなんて洒落た事も可能です。

どうですか?もっともっとこのホテルの事が知りたくなりましたか?では、続きましてその他のお部屋もご紹介させて頂きたいと思います。


Jr.スイートもこんなに豪華です】

このホテルのコンセプトは「Expect The Exceptional」ですから、通常のホテルの滞在とは全く違った世界を提供してくれます。例えば、スタンダード・グレードのJr.スイートでも、ダブルサイズの室内ジャグジーがしつらえられており、バルコニーからは180度のパノラマ・オーシャンビューが広がります。

もちろん、オールインクルーシブの内容は十分すぎる充実度。当たり前ですが、24時間ルームサービス使い放題です。

また、数々のアメニティーも豊富に取り揃えてあり、女性の方にも十分すぎる満足感を与えてくれる筈です。

ダブルサイズのジャグジーに二人でのんびり浸りながら…窓の外に広がるカリビアン・ブルーの世界に溶け込む。シャンパングラスを傾けて、フルーツを口に放り込めば、二人の人生の甘酸っぱい未来が心と体に広がること間違いなしです(^^)

ジャグジーでひと息つきながら、ルームサービスで軽く軽食を頼みましょう。パスタにグラス・ワインもいいですね。部屋に運んでくれるボーイにも、チップは必要ありませんので、煩雑に小銭を沢山用意しておく必要もなし!これかなり便利です。

バルコニーにテーブルセッティングをしてもらい、グラスに残るシャンパンを片手に心地よい午後の空気を吸ってみてください。

ゆるやかに流れる楽園での時間…眼前に広がる美しい世界…至福のひと時に彩を与えてくれる美味しい食事…非の打ち所のないという言葉はこのホテルの為にあるのかと思わせるほどの贅沢な空間。

かつてアメリカ主導のビーチリゾートでは難しいと言われてきた本物のリゾートが、ここにはあります。カンクンが、本物のリゾートとして進化をした証拠を、そして、これからのカンクンを、ここに見る事が出来るでしょう。

贅沢に、我が侭に…何度でも利用がしたくなる心地よいホスピタリティーを兼ね備えたThe Royalを、店長も心から推薦いたします。

こちらのお部屋で、
一泊お二人様$540〜$680となっています(現在キャンペーン中!詳細はコチラ

ザ・ロイヤル・カンクンの各カテゴリーのお部屋レイアウトの詳細はこちらからご確認くださいませ。


【ホテル内レストランのご紹介】

鉄板焼き/寿司バー&レストランはここ。鉄板焼きまでオールインクルーシブ!店長はこれだけで満足度が倍増します。ご存知、目の前で調理してくれる鉄板焼きは、焼きたてのジューシーな牛肉を日本テイストのタレで食すアメリカン・ジャパニーズの主流です。流石にパフォーマンスはありませんが、のんびりと隣に座ったゲストと会話を楽しみながらのひと時は、意外なビジネス・リレーションを生み出してくれたりもしますので、人生がその出会いで変わったりもします。

こういう上に向くフェイトというのは、やはり高級志向のホテルでこそ得られるお金で買う事が出来ない魅力の一つです。

もちろん、二人だけののんびりとした食事もどうぞ!


→そして、こちらは、メキシカン・フレンチのレストランです。メキシカンとフレンチのフュージョン…メキシコ料理をアラカルト・フルコースで食します。

こちらは予約制のディナーonly。メキシコのアシエンダ・スタイルといえば、知る人ぞ知るメキシコの黄金時代の貴族階級に嗜まれた料理のこと。洗練された一品は、一皿一皿が芸術作品…目と舌を十二分に満足させてくれるその料理は、食通をも魅了します。

ユカタン半島の州都メリダに残るフランスのシャンゼリゼ通りにみる事も出来る洗練されたメキシカン・フレンチの伝統を、是非楽しんで見てください。


←レストラン「spice」。こちらはカジュアルな、フルデイ・レストラン

朝食や昼食のバフェから、夕食時はショーなどを含めたアラカルトメニューまで。

目覚めの朝…ビーチで軽く散策をしながら見つける貝殻を手に…スパイスレストランへ向う。今日はちょっと贅沢に朝からミモサで乾杯としゃれ込む。オレンジジュースの酸味と喉越しのさわやかなシャンパンの香りが目覚めの朝に彩を与え、迎える朝日に映えるカリブ海が一艘美しく心に響く…。

さて…朝食は何にしようか…サニーサイドのランチェロ風がいいかな…なんて、贅沢に悩むのもリゾートの楽しみの一つ。こんな朝を是非迎えてみてください(^^)


→その他にも、右写真のようなロビーバーやプールバー(ビリヤード/ピンポンなど)、スペイン料理にインターナショナル・レストランなど10箇所以上のダイニングを完備しています。

24時間、ワインやカクテルを楽しむ事が出来ますから、時差ぼけで朝早く目覚めてしまっても、食事の心配もなければ、退屈しのぎにビリヤードに昂じる事も可能です。

食後のひと時に、明日のプレゼントを賭けて、奥様とビリヤード勝負と出るのもよろしいかと…もちろん、勝ち負けは旦那様の裁量で(^^)

また、のんびりとワインとチーズで、会話に華を咲かせるのも楽しい過ごし方の一つですね。


【その他の施設もご紹介】

ザ・ロイヤルの施設はかなり充実しています。左写真のスパ「AZUL
」は、カリブ海に面したカンクン初のオーシャンフロント・スパ

心と肌をじっくりと休めてリフレッシュすれば、ゆっくりと流れるリゾートに体のリズムが反応し始めます。日々のけん騒を離れ、仕事のことも、家事の事も全て忘れて、体のリセットをすることを、こんなにも体が求めていたのかと驚くでしょう(^^)

リゾート滞在の格言の一つは、スパの利用にあり…これ秘訣です。


ザ・ロイヤルには、この他にも、室内テニスコートなども完備し、ダイビングレッスンや、ホテル・ソムリエによるワイン講習など、滞在中も空きさせない各種アクティビティーなどが、こちらも完全オールインクルーシブにてご利用いただけます。

心地よい午前中には、ボディーボードで波と戯れるのもよし…(レンタル無料)雨の午前中にテニスで一汗流して、こういう時にとワイン教室に参加してみるのも一好ですよね。

様々なイベントに意欲的に参加して、こんな所で意外な発見があったりするのもリゾートの楽しみの一つ。新しい自分の発見につながるかもしれません(^^)


どうですか?興味が出てきましたか?滞在してみたい!と思ったら、是非お問い合わせを!更にただ今キャンペーンとしまして、VIP専用予約サービス(通常$100US)を特典として無料にて受けられます!


■3:よくある失敗談:店長の体験から


皆さん…滞在するホテルを決める際に、何を基準に決めてますか?

沢山の基準があるとは思いますが、そんな一つに、パンフレットやガイドブックに載っている素敵な写真を見て心をときめかす事が多いことを否定する人はいないでしょう。

しかし、この
パンフレットに載っているイメージ通りの部屋が割り当てられる事は少ないわけで、その辺り、大変な賭けが潜んでいるわけです。出来ればイメージ通りの部屋に泊まりたい!そう考えるのは当然ですよね。

私もこれまで何度もこうしたイメージ戦略にのせられて失敗してきた口です。例えば、↓の写真のロイヤルハイダウェイとか(^^;

このホテルを非難するわけではありませんが、あまりにイメージと実際の部屋に差がありすぎました。サービスは恐らくユカタン半島でも一番だと思います。食事もおいしいし、スタッフの対応も素晴らしい。価格と立地、そして、この部屋の差さえなければ私はこのホテルを推薦したいくらいです。

このホテル、部屋のランクは3段階あって、一番下のスタンダードはガーデンビューで、部屋から海は見えません。なので、このパンフレットの部屋がスタンダードでないことくらいは直ぐに分かります。で、直接電話で確かめた結果はオーシャンビューの部屋と言うものでした。私はこの部屋に泊まりたかったので、迷わずオーシャンビューの部屋の予約を取ったのです。

その結果が↓の右側の写真。パンフレットと同じ構図で撮影すると隣のリューパレスのプールが写ってしまい、全く海が見えません。苦心の結果このような構図の写真になったのですが、あまりに差がありすぎました。四六時中聞こえるのはリューパレスのにぎやかなカーニバルの喧騒。オーシャンビューと言いながら見えるのはそのリューパレスのビーチが一部分だけです。

もちろん、文句を言いましたよ、全然違うじゃないか!と。けれど、パンフレットの部屋は2部屋しかない為に、既に泊まっている客を追い出すわけにも行かず泣き寝入りとなりました。

私は思うのですが、私と同じような失敗をしている人は意外と多いと思うのです。

ですので、店長が、ひいては
ウォータースポーツカンクンにてオフィシャル推奨しているホテルには、こうした失敗はありませんので、どうかご安心の上で、参考にしていただきたいと思います(^^)全ての部屋は実際の写真のものを、特別良い部屋だけからのものではありませんので、ご安心くださいね。


絶対に失敗したくないお客様にはVIP専用ご予約サービスもございます。

こちらは弊社が持つホテルのお部屋のデータを基に、絶対に失敗のないお部屋を確保させていただくというサービスです。お金には代えることの出来ない大切な時間を確かなものにしていただく為に、VIPのお客様のご要望にも対応いたします。

↑完璧な構図のパンフレットの写真
↑実際に泊まった同じグレードの部屋。
あまりに差がありすぎる!

■4:2017年度版、賢いホテル滞在の日程は?


7泊以上のハネムーナー向けお奨め滞在スタイル】


【こちらはトゥルムのホテルになりますので、6泊以上が理想です】


最低6泊、理想は7泊以上ですが、滞在にゆとりがあるのでしたら、カンクン4泊、トゥルム3泊といった形で、のんびりとしたリゾートの滞在も取り入れてみるのがおススメです。


【ハネムーン、一生に一度の大切な旅行だから、思い出重視で決めてみる】


同じカンクンの中でホテルを移動するというのも、あまり意味がなさそうな…。

そんな時代の流れからか、最近はリビエラ・マヤのホテルや、プラヤデルカルメンのホテルに前半滞在して、後半カンクンのホテルに滞在するという滞在をされるハネムーンのお客様が増えてまいりました。

でも、リビエラマヤって海の色やビーチはカンクンに適わないんです

しかも、リビエラマヤのホテルはどこも巨大リゾートでゴルフ場など併設しているくらいですから、ホテル内の移動にゴルフカートが必要という事があったりして結構不便だったりします。。。しかも、人がとにかく多いです。。。当然です、オールインクルーシブで周りに何もないから、ほとんどのお客さんがホテルから出ないのですから(^^;

しかし、何より、期待するほど海の色は綺麗でないのがリビエラマヤの難点なのです。


【ではプラヤデルカルメンはどうでしょう?】


プラヤデルカルメンは最近特に賑わいを見せる観光エリアに変貌をとげるエリア。

メインとなる5番通りは一年中人で溢れて賑わっています。プラヤデルカルメンのビーチは海の色も青く綺麗で、ここはカンクンと比べても遜色はありません。

家族連れであれば、特に、いろいろと便利な立地で移動も楽だしとにかく難にでもアクセスが便利なのが利点。

店長などもプラヤデルカルメンは好きな街の一つになっています。

が、こと、
ハネムーンとなると話は別です

ここのビーチはパブリックビーチなので、
一日中、一年中人で溢れかえって大賑わいだからです。

こうした賑やかな雰囲気が好きな方は別ですが、せっかくのハネムーンだとしたら、のんびりと静かな環境を求める筈。。。

例えばハネムーンの方が抱くイメージは、


「まっさらな砂のビーチが延々と水平線の果てまで続き、、、ヤシの木とカリブ海のパノラマが美しく眼前に広がる。朝、カシータの窓から朝日が差し込み、様々な野鳥のさえずりと共に目を覚ますと、美しい日の出をシルエットに二人でのんびりとしたビーチの散歩を楽しむ、、、そんな一日のはじまり…」


といったものではないでしょうか???

大きなビルもホテルもなにもない、1000年前のビーチリゾートがそのままそこに出来たような世界。カシータに下がるハンモックで好きな本を波の音をBGMに読みふける。

お腹が空いた頃には、舌のとろけるランゴスタのクレープに鼓を打ち、ちょっと強いテキーラサンライズで暑い太陽を肌に感じ取る。全てが自分達だけの贅沢な空間と時間が、ゆっくりとゆっくりと進んでいく。。。

豪華な施設はないけれど、美しい海と綺麗なプール、おいしい食事と波の音があれば、これが何よりの贅沢である事を感じさせてくれる世界。そんな場所で数日過ごせたら、それは将に夢の世界。



【↑そんな夢のような場所は「トゥルム」にあります】


店長のお奨めは、こんな
静かで美しいカリブのビーチを静かにとっぷりと楽しむ事が出来るトゥルムに前半に滞在し、後半をカンクンのザ・ロイヤルに滞在して、様々なアトラクションと豪華な施設を堪能するというプランです。

トゥルムのビーチリゾートエリアは、最近特にヨーロピアンのお客さんが増えている隠れ家的なカシータが多くあるエリア。開発を好まない自然派のヨーロッパの人たちが好むだけあって、ここの美しさは店長も折り紙をつけられます。

そんな中でも
店長が推奨するホテル「ANA Y JOSE」のページが出来ました。。。是非ご検討ください。

是非、トゥルムとカンクンの二本立てプランをご検討してみてください。本当の美しく静かなビーチと環境をお約束いたします。



【メリハリ付けるならセントロを店長がおススメする理由?!】

せっかくなら、沢山の思い出を短い時間で充実させてたいというのがハネムーンの方のご希望だと思います。

なので、最近は少なくなりましたが、フロリダ&カンクンとか、ニューヨーク&カンクンとか、ラスベガス&カンクンなんていう旅程でいらっしゃる方も実際はいらっしゃいます。

そういう方でも、5泊とか、6泊という日程をどう充実させるか。。。例えば、弊社で推奨しています「ザ・ロイヤル・カンクン」ですが、一日ツアーに出てしまったりほとんどホテルにいないのが分かっているのに、一泊$500USDも出すのは勿体無い。。。そこは当然至極のご意見と思います。

ですので、旅の前半の例えば2泊だけでもダウンタウンのホテルにあてて、一日ツアーに参加しつつ、目一杯ダウンタウンのメキシカンなテイストに浸ってみる。そして、後半の滞在で徹底的にビーチでのんびりするというパターンなど、お奨めしたい部分なのです。

しかも、数年前と違い、2017年度のダウンタウンのホテルは、綺麗で清潔で立地もすばらしいホテルが目白押し!

ここ数年のプロジェクトで開発が進み、以前だったら、部屋にゴキブリが出る。。。なんてホテルしかなかったところが、今はプール完備の素敵なシティーホテルに十分泊まれます。

ホテルゾーンとダウンタウンとで、滞在を沸けることで、メリハリが付き滞在が二倍にも三倍にも膨らんで楽しくなります。



☆ダウンタウンのお奨めホテル最新情報:2017年度版




ダウンタウンのホテル予約ならHOTEL CLUBが一押しです。日本語サポート有りで安心。


そんな気になるダウンタウンのホテル。昨年度まではやはりある程度覚悟も必要な施設も多かったのは事実です。だからこそのリピーター向けだったわけですが、2011年度からは続々と新しいホテルがオープンしてきました。





■ダウンタウンお奨め第1位は「FIESTA INN」

その中でも
お奨めなのが、今カンクンのホテルゾーンでは一番賑わっている、ショッピングモールの"PlazaLas Americas"の中にある「FIESTA INN」というホテルです

このホテルは、このショッピングモールの中に建っているので、全てにおいて便利!

例えば、店長お奨めのタコス屋があるフードコートも入っていますし、買い物に便利なスーパー「Che Doraui」もあるから、地元のお土産を買うにもとっても便利。また、ショッピングモールなので、いろいろなブランドのお店も入っています。

更に、目の前が、闘牛場で、地元の酒場が目白押し!!店長お奨めの「La Guada」にも直ぐにいけます。

フィエスタインならばお奨めできます。価格も安いですし、上層階からはカリブ海だって見えます。立地も便利ですので、メリハリをつけるなら、ここで決まりです。前半ツアーに参加して、ツアーの後は地元の食事と雰囲気にとっぷりと浸る。そして、後半は、ザ・ロイヤルに滞在する。今、店長がお奨めするパターンですね。


↑フィエスタインの予約はこちらで現在最安値提示中です





■ダウンタウンお奨め第2位は「KRYSTAL URBAN CANCU」

もしくは、闘牛場の直ぐ隣にありますホテル「Krystal Urban Cancun」もお奨めです。


B2Bの立地は目の前が上記FIESTA INNのあるLAS AMERICASもあり、ショッピングにもレストランにも便利。賑やかで便利な場所です。また、闘牛場には、店長おススメの「La Guada」もあって、ローカルを目一杯楽しむには最高の立地です。飲み屋が回りに多いので、とても楽しめますよ。ホテルも物凄く綺麗です!


↑KRYSTAL URBAN CANCUNの予約はこちらで現在最安値提示中です




■ダウンタウンお奨め第3位は「La Quinta Inn」


コストパフォーマンスが一番良いホテルならばLa Quinta Innがお奨めです!一泊\7700円からご予約可能です。

ここの立地、上記フィエスタインの入っているPlaza Las Americasの南側でメインのトゥルム通りに面しているので、立地的にもいろいろな場所に出かける事が出来ます。

また、店長が3位に押したのは、ちょうど目の前が、カジノ「Royal Palace」だから(笑)

また、隣には日本食の「囲炉裏」さんもあるので、日本食にも、カジノにも困りません(^^)

ここの朝食のバフェはなかなかボリュームがあって、おいしいですよ。


↑LA QUINTA INNの予約はこちらで現在最安値提示中です



2017年度版、店長吉田のお奨め滞在パターン】

店長、2013年度は、トゥルムのビーチリゾートに前半のんびりと滞在して、後半、ロイヤルに滞在して、アトラクションなども含めて満喫するプランを推奨したいと思います。これは特にハネムーンのお客様にお奨めです。もし、リビエラマヤを検討されているならば、絶対にトゥルムまで飛んでください(全然違います)

トゥルムの店長推奨ホテルの紹介ページはコチラ

旅の前半、しずかな環境で、静かに海を眺めて何もしない贅沢な時間を楽しむ。このトゥルムにいる間は、とにかく日頃の喧騒を忘れ、海と自然に浸ってリフレッシュする贅沢を味わってください。

特に、朝日をバックにゆっくりとヤシと白い砂が果てしなく続くビーチの散歩を楽しんで見てください。店長推奨のホテルのロブスター・クレープは最高においしいです。舌がとろけます。ヨーロピアンに愛される食と自然のすばらしさを是非味わっていただきたいと思います。

そして、旅の後半は、カンクンのザ・ロイヤルへ移動。豪華な施設を持つ高級ホテルへ。ビーチの美しさももちろですが、静かで広いプライベートのバルコニーで眼前に広がる絶景を眺めつつ、オールインクルーシブで、また文明へ戻っていく準備を進めます(笑)

もちろん、カンクンでは午前中や暑い午後は軽く1時間程度ウェイクボードやセーリングをやりに出たり、テニスをプレイしたり。その後は軽く専用プールで体を冷やして、やっぱりビーチでのんびりが基本。

夕方からはラウンジで無料のカクテルをがぶ飲み(笑)軽く酩酊気味のところで、ビリヤードをプレイ。なかなか上手くプレイできたところで切り上げて、のんびり月明かりに照らされるビーチを歩きながら部屋へもどる。だれも歩いていない幻想的な波の音をまといながら、気分はどっぷりとメロウなユカタンの空気に馴染んでいく…。

部屋に戻って、友人に買ってきた絵葉書を書いたりなどして夜がふけてゆく。ああ、すばらしいハネムーンだ、、、という幸せに浸りながら今日一日の思い出と共に深い眠りにつく…。

出来れば、トゥルムとカンクンで最低でも6日は滞在したいです。ラスベガスやフロリダに10日ほどで回るツアーもありますが、あれは忙しいばかりで全然リゾート型ではありません。損得で話をするわけではないけれど、旅は一箇所でじっくりと楽しむのが一番です。特にカンクンにくるのであれば、やることは沢山ありますからね。

是非当店にご相談下さいね。今までとは違った最高に楽しいと心から感じるカンクン滞在のお手伝いをさせていただきます。