HOMEへ
セーリング・チャーターのページへ戻る
更新日: 8月19日 新お客様の声追加↑
更新日: 8月26日 お客様の声part2追加
更新日: 9月22日 お客様の声part3追加
更新日:12月26日 お客様の声part4追加
更新日:12月28日 お客様の声part5追加
更新日: 1月 8日 お客様の声part6追加
更新日: 1月15日 お客様の声part7追加
更新日: 2月27日 お客様の声part8追加
更新日: 3月31日 お客様の声part9追加

2005年5月7日 相原様ご夫妻→相原様ご夫妻より嬉しいお便りが届きました!
今回、当店のツアーを4日間に渡ってご利用いただきました相原様ご夫妻、ヨットではいい思い出がない…という中、当店のHPをご覧になってお申し込みを頂きました。

初めてという方ならまだしも、「良い経験がない」という言わばヨット経験者であるご夫妻を相手に、店長の緊張感も高まります。

基本的にはレッスンよりもシュノーケリング/クルーズメインの8時間コースという事で、そのようなスケジュールを組ませていただきました。
←美しいカリブ海の洋上をプライベート・ヨットでの航海…
←クルーズ・メインでもちょっとしたレッスンは入ります。ロープワークの練習風景。なかなかトリッキーな結び方も、慣れれば簡単簡単(^^)
↑一番の楽しみはやはり操船にあり!

最初は迷走を続けた我らがヨットも、時間と共に慣れれば自由自在に進みます。
←どこまでも青く透明なカリブの海を漂うとき…この神秘的なまでに美しく静かな空間に生きている自らの命の躍動を感じることでしょう。

こんな美しい海でのシュノーケリングもお任せ下さい!

当店ではシークレットがちゃんとご用意してあります。カンクンの他のツアーでは訪れることのないスペシャルポイント、誰もいない貸しきり状態の中でじっくりとシュノーケリングが楽しめます。

誰もいない/来ないので、海がとても綺麗なままです!
誰もいないスペシャルなポイントなんてそうそうこのカンクンであるものではありませんが、カリブの海を知り尽くす我々に是非お任せ下さい。

真っ青な海で泳ぐ爽快さは、他のツアーでは味わえませんよ!

見て下さいこの透明度の高さ…スタッフのアルマンドがヒトデを拾い上げてのサービスショットです(^^)

これまで、ゲストとして乗るだけで操船まではしたことがなかったという相原様のご主人様が、ご自身で舵を握っている内に、みるみるとセーラーに変わっていく姿が手に取るように分かります。

一段と男らしくなった旦那様を見つめる奥様の視線がまぶしかったです(^^)


→じっと海を見つめる男の姿というのは、実に美しいものなのです。
心地よいセーリングとシュノーケリングの後は、小さな美しい島であるイスラムヘーレス島に上陸して、軽く食事や散策を楽しみます。

お時間の予定次第では、イスラムヘーレス島をカートにて一周したり、ガラフォンで泳いだり…なども可能です。

せっかく島へ上陸するのですから、ちょっとだけのんびりと過ごしたいものですよね。

時間があれば、島内をカートで巡って見ることも可能です(カートレンタル別料金)。

また、もちろん、お好きなレストランで食べて頂くことも可能です。
昼食でお腹を満たした後は、再び美しいカリブ海へと漕ぎ出しましょう!

午後はのんびりとカンクンのホテルゾーンを流してみるのも面白いです。陸から眺めるカリブ海もいいですが、美しいカリブ海から眺めるホテルゾーンのビーチもまた面白いものです。ごちゃごちゃと人がひしめくビーチを眺めながら、ふと文明から一歩離れた世界にいる自分自身と対峙してみる時、人生の大きな意味を感じ取ることでしょう。

途中、何艘ものてんこ盛りボートとすれ違います。のんびりと引いた目でみるこれらの俗世界も、実は浮世の享楽の一つでしかないのか…などと哲学的になってしまったり(^^;


←この美しいカリブ海に360度囲まれる瞬間、人生が変わります!!

観光客がひしめくホテルゾーン…。ホビーキャットなどの小さなヨットも近くまでやってきて、我々に手を振ってくれたり。

今回は会うことが出来ませんでしたが(でも、コスメルのスヌーバボートでは5頭の群れに出会いました!それも手の届くような距離で!)、時には野生のイルカと戯れることもあります。

洋上とはいっても、波のほとんどない海域ですから、船酔いを心配されていた旦那様も全く船酔いをすることもなく、終始笑顔でセーラーへと変貌していきました(^^)
↑後ろに見えるのはFACB!!
8時間とは言っても、ゆっくりと時間の流れるヨットでは本当にあっという間です。特に美しいカリブ海に見とれていると、え?もう終わり?!という程時間の進みが早く感じます。この辺りはフェリーやゲームフィッシングのボートとは全然違う世界です。

マリーナに帰港するまで、ゆっくりと沈んでゆく夕日になんともいえない感動を覚えながら、風と波と自然に溢れた本物の世界を味わっていただくことが出来ました。


↑スタッフとの船上ショット!本当にお疲れ様でした!!!
スタッフ一同、又のご利用を心よりお待ち申し上げております!ありがとうございましたm(_ _)m